全身脱毛ができないケース

昔と違ってサロンやクリニックでの全身脱毛の料金はかなり安くなっています。

そのため、多くの人が気軽に受けるようになり、若い女性の間では全身脱毛を受けて当たり前のような感覚になってきています。

基本的には誰でも受けられるものですが、肌の状態によっては受けられないことがありますので、それを知っておきましょう。

【日焼けに注意】

サロンでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛が行われますが、どちらも黒い色(メラニン)に反応するものです。

皮膚が黒く日焼けしていると、正確に毛根に光やレーザーが届かず、うまく処理できません。

ですから脱毛を受ける時は日焼けに注意しましょう。

【妊娠中や授乳中はできません】

妊娠中や授乳中はホルモンバランスが乱れており、毛周期がばらばらになっていることが多く、脱毛できません。

新宿には脱毛サロンがたくさんありますが、どこも同じ対応になるでしょう。

【肌トラブルがある時】

肌トラブルがある時も施術が受けられない場合があります。

トラブルの程度によりますが、重度のアトピー性皮膚炎や過度の敏感肌の人は受けられない可能性があります。

しかし、最近の脱毛機器は少々の敏感肌でも大丈夫な設計になっていますので、カウンセリング時に相談すると良いでしょう。

新宿の脱毛サロンやクリニックでは、最新機器を揃えているところが多いので、あまり心配することはなさそうです。

【カウンセリングで不安は解消】

どのサロンも契約する前に必ずカウンセリングを行います。

その時に施術できるかどうかは判断されますので不安はその時に解消するようにしましょう。